2013.05.29

レアルFWモラタ「モウリーニョ監督はカンテラの選手に自信を与え、成長させた」

モラタ
モウリーニョ監督への謝意を述べたモラタ [写真]=Real Madrid via Getty Images

 今シーズンいっぱいでの退団が決定し、紆余曲折あったレアル・マドリードでの指揮に終止符が打たれることになったジョゼ・モウリーニョ監督。対立関係が続いてきたスペインのメディアは、バルセロナの圧倒的支配に風穴を開けた昨シーズンの成功よりも、無冠に終わった今シーズンの失敗をここぞとばかりに伝え、3シーズンの政権は期待外れだったとの声色を強めているが、この論調にスペイン人若手FWアルバロ・モラタが一石を投じた

 モウリーニョ監督の下でトップチームのデビューを飾ったモラタは、成績不振や選手との軋轢と共に同監督への批判の対象となっているカンテラ(下部組織)軽視の姿勢に異を唱えた。

「モウリーニョ監督は偉大な指導者だ。レアル・マドリードに来た初日からカンテラの若手を信頼し、トップチームでデビューする者に自信を与え、選手として成長させてくれた。それゆえ、僕達は彼に感謝しなければならない。個人的にも機会を与えてもらったし、新天地での幸運を心から期待しているよ」

 モラタは一方、モウリーニョ監督の後任として収まることが濃厚と見られているパリSGのカルロ・アンチェロッティ監督について、好意的な印象を持っていることを明かした。

「アンチェロッティ監督は、現在のフットボール界で最高の指揮官の1人だ。今シーズンもパリ・サンジェルマンで素晴らしい仕事をした。僕個人としては、レアル・マドリードというクラブのことを理解し、その価値を正しく伝えてくれる監督が来てくれることを望んでいる」

 国内外の複数クラブから関心を寄せられるなど、オフシーズンの去就が注目されているモラタは、2008年からプレーするレアル・マドリードへの愛着を示しながらも、移籍の可能性にも言及した。

「レアル・マドリードで続けられれば嬉しい。でも、それは今後やってくる新監督次第だ。僕を戦力として計算するか否かというね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る