2013.05.27

ハインケス監督の代理人「ブンデスを離れることは決め、 レアル復帰を望んでいる」

ハインケス
自身2度目のチャンピオンズリーグ制覇を果たしたハインケス監督 [写真]=Getty Images

 まもなくバイエルンを離れることが決まっているユップ・ハインケス監督だが、代理人であるエンリケ・レイエス氏がラジオ番組において、「レアルの監督復帰を望んでいる」とコメントした。すでにレアル・マドリード行きの噂が伝えられているが、ドイツ誌『キッカー』が続報を伝えている。
 
 ハインケス監督は1998年にレアルを率いてクラブ史上7度目となる欧州の頂点へと導いている。その後レアルは、2000年、そして2002年にも欧州の頂点に立っている。

 レイエス氏は、地元ラジオ局に対し「ユップはレアルの監督復帰を望んでいる。もしも(レアル・マドリードの)フロレンティーノ・ペレス会長が連絡するなら、我々はそのオファーを受け入れるだろう」と語った。

 さらにレイエス氏は「現在のところブンデスではもう監督をしないということだけは決めている。今オファーを受け入れるのは、むしろフロレンティーノ・ペレス会長のほうだろう」とまで、言及している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る