2013.05.26

残留争いから脱出を図るオサスナか、7位の椅子を狙うセビージャか

 いよいよ残り2節となったリーガ・エスパニョーラ。現在残留争いは、勝ち点39の15位グラナダ、勝ち点36の16位オサスナ、勝ち点35の17位デポルティボ、勝ち点34の18位レアル・サラゴサ、勝ち点32の19位マジョルカ、勝ち点31の最下位セルタの6チームに絞られている。

 このような状況の中、オサスナは当然残り2試合に勝利すれば自力で残留を決められるとあり、是が非でも2連勝で終わらせたい。しかし、残り試合はヨーロッパリーグ出場権を狙うセビージャとレアル・マドリードと、厳しい相手となっている。

 前節、残留争いの直接ライバルであるグラナダに0‐3と完敗を喫した。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は、「選手たちはくたばっているし、不調だ。この0‐3でのグラナダ戦敗戦後、立ち上がることは難しい。選手のことが心配だ。残りが何試合かは考えず、セビージャ戦のことのみ考える」と、気持ちを切り替えた。またチリ人MFフランシスコ・シルバは、「もう負けられないことはわかっている。死ぬ気でやるだけだ。水曜日、セビージャのガリー・メデルと少し話したよ。昔から彼のことはよく知っている。彼らにとってもこの試合は重要だと言っていた。でも僕らはセビージャ戦で、もっといいプレーをする」と、まずはセビージャ戦へ向けて気を吐いた。なお、今節はスペイン人FWニノがグラナダ戦での右ひざ負傷のため、同MFナノが前節で退場処分のため欠場の予定。一方、スペイン人MFパチ・プニャルが出場停止から明ける。

 対するセビージャは勝ち点47の第9位。EL出場権を狙う争いは、勝ち点54の6位マラガ、勝ち点52の7位ベティス、勝ち点49の8位ラージョ・バジェカーノ、勝ち点でセビージャと並ぶ10位ヘタフェあたりとなる。可能性を残すためには、セビージャは2連勝が必須となる。残り試合はこのオサスナ戦と、ホームでのバレンシア戦となっている。前々節はライバルのマラガ相手にアウェーでスコアレスドロー、そして前節、ホームにレアル・ソシエダを迎え撃ったが1‐2で敗戦を喫した。残り2試合に勝って、EL出場へ望みを残したいところだ。なお、元スペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェスが前節出場こそしていないものの、審判への抗議のため退場となり、さらに2試合出場停止処分が下された。スペイン人DFアルベルト・モレーノも累積警告により、出場停止となる予定。

【予想スタメン】
・オサスナ [4‐2‐3‐1]
GK:13.アンドレス・フェルナンデス
DF:15.オイエール、2.マルク・ベルトラン(3.ルベン・ゴンサレス)、14.アリーバス、24.ダミアー
MF:10.プニャル、20.フランシスコ・シルバ、9.アルメンテロス、22.ティモール(16.セフード)、6.デ・ラス・クエバス
FW:7.キケ・ソラ

・セビージャ [4‐2‐3‐1]
GK:13.ベト
DF:23.コケ、5.カラ、24.ボティーア、3.フェルナンド・ナバーロ
MF:22.コンドグビア、8.メデル、7.ヘスース・ナバス、11.ラキティッチ、10.ペロッティ
FW:9.ネグレド

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る