2013.05.26

CL出場権を目指すバレンシア。好調グラナダは残留まであと一歩

 前節アウェーでヘタフェを1‐0で下し、3連勝目を挙げたバレンシア。4位争いのライバルであるレアル・ソシエダとは同勝点ながら直接対決の戦績で下回るが、今節レアル・マドリードと対戦するライバルに対し、こちらは前節の勝利でほぼ残留を決めたグラナダが相手。ここで勝てばソシエダとの順位を逆転できる可能性は十分にある。

 また今シーズンのホーム最終戦となる今節は、何人かの選手にとってメスタージャでプレーする最後の試合となる。特に今シーズン終了時に満了となる契約の延長有無が決まっていない元スペイン代表MFダビド・アルベルダは、クラブ生え抜きのキャプテンとして長年愛されてきた選手なだけに、ファンとしては35歳の雄姿をしっかり目に焼き付けておくべきだろう。

 対するグラナダは前節ホームでオサスナに3‐0と快勝し、2試合を残して降格圏との差を5ポイントに広げた。今節18位レアル・サラゴサが負ければ自動的に残留が決まるが、サラゴサが勝つ場合を考えると少なくとも勝ち点1を加えておく必要がある。

 必勝を期すバレンシアとのアウェー戦なだけに苦戦は必至だが、グラナダもここ5試合で3勝2分と好調さなら負けていない。個人プレーに走り過ぎることもあるフランス人MFヤシン・ブラヒミはそのドリブル能力をチームのために使いはじめ、エースとして期待されてきたモロッコ代表FWユセフ・エル・アラビもようやくゴールを決めはじめた。

 元々守備は安定しているチームなだけに、攻撃がかみ合いはじめた現在は好調のバレンシアでも苦戦を強いられるのではないだろうか。

【予想スタメン】
・バレンシア [4‐2‐3‐1]
GK:13.グアイタ(1.ジエゴ・アウヴェス)
DF:12.ジョアン・ペレイラ、20.リカルド・コスタ、22.マテュー、3.シソコ
MF:6.アルベルダ、24.ティノ・コスタ(21.パレホ)、7.ジョナス、10.バネガ、23.カナーレス(17.グアルダード)
FW:9.ソルダード

・グラナダ [4‐4‐2]
GK:13.ロベルト・フェルナンデス
DF:2.ニョム、15.ディアカテ、5.マインス、6.シケイラ
MF:3.ブラヒミ、28.レシオ、14.ミケル・リコ、10.ノリート
FW:9.エル・アラビ、25.イガロ(7.アランダ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る