2013.05.21

鬼門で再び沈んだレアル、本拠地での国王杯決勝は9戦して7敗

国王杯決勝ではレアルの鬼門となっているサンチャゴ・ベルナベウ [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラでは史上最多の32度の優勝を誇る一方、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)では18度の大会制覇にとどまっているレアル・マドリード。17日に行われた今シーズンの決勝でも、アトレティコ・マドリードに延長戦の末に1‐2で敗れた。

 国王杯との相性の悪さが顕著なレアル・マドリードにとって、とりわけ鬼門となっているのが本拠地サンチャゴ・ベルナベウでの決勝だ。実際、今回の黒星により通算成績は9戦で2勝7敗となり、ここまで続けてきた本拠地での公式戦の無敗記録も44試合でストップした。また、2つの白星の内訳を見ても、1962年(2‐1)の相手はセビージャだったものの、1980年(6‐1)の相手はBチームであるレアル・マドリード・カスティージャとなっており、対外試合となると1勝しか上げていないことになる。

 さらに、地元のライバルながら歴史的にお得意様としているアトレティコ・マドリードも、ベルナベウでの国王杯決勝では大の苦手の相手となる。今回の対戦でも、それまでの公式戦における直接対決ではおよそ14年間無敗だったにも係らず苦杯を嘗め、1960年(1‐3)、1961年(2‐3)、1992年(0‐2)に続き4連敗を喫した。

 なお、アトレティコ・マドリード戦以外のベルナベウでの国王杯決勝における3敗は、1958年のアスレティック・ビルバオ戦(0‐2)、1968年のバルセロナ戦(0‐1)、2002年のデポルティボ戦(1‐2)となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る