2013.05.18

アトレティコが10度目の国王杯制覇…レアルとの首都決戦を制す

17シーズンぶりのコパ・デル・レイ制覇を成し遂げたアトレティコ・マドリード [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ決勝が17日に行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードが対戦した。

“マドリード・ダービー”となった決勝は、14分にレアル・マドリードが先制点を奪う。クリスティアーノ・ロナウドが、メスト・エジルの蹴った右CKに打点の高いヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 一方、ビハインドを負ったアトレティコ・マドリードも反撃。押し込む展開を見せると、36分にジエゴ・コスタがラダメル・ファルカオのスルーパスでディフェンスラインを抜け出し、シュートを流し込んだ。

 試合は振り出しに戻ると、43分にはエジルがポスト直撃のミドルシュートを放ったが、勝ち越し点は生まれずに、前半を折り返した。

 後半に入ると、61分にレアル・マドリードに大きなチャンスが訪れた。左サイド深くに侵入したC・ロナウドが折り返すと、ゴール前でカリム・ベンゼマが左足でシュート。ところが、ボールはポストを直撃して、こぼれ球を拾ったエジルのシュートもアトレティコ・マドリードの体を張った守備によって、ゴール寸前でクリアされてしまった。

 レアル・マドリードは、68分にもゴール前でFKを得ると、C・ロナウドが低い弾道のシュートで直接狙う。しかし、ボールはまたもポストを叩き、勝ち越しには至らなかった。

 互いに追加点を奪えず、1-1のまま90分を迎えると、試合は延長戦に突入。95分にはアトレティコ・マドリードのジエゴ・コスタがGKと一対一となる絶好機を得たが、レアル・マドリードのGKディエゴ・ロペスが好セーブ。しかし、直後の99分に右サイドからのクロスに、ミランダがヘディングで合わせてゴールネットを揺らし、アトレティコ・マドリードが勝ち越しに成功した。

 リードを奪ったアトレティコ・マドリードは、GKティボー・クルトワの好守もあり1点差を守り切り、2-1で勝利。1999年10月以来となる“マドリード・ダービー”での白星で、1995-1996シーズン以来、17シーズンぶり10度目のコパ・デル・レイ制覇を果たした。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る