2013.05.17

ウーゴ・サンチェス「国王杯決勝はアトレティコが勝利する」

ファルカオ
アトレティコ・マドリードの攻撃陣をけん引するファルカオ(中央) [写真]=Getty Images

 元メキシコ代表のウーゴ・サンチェス氏は15日、スペイン紙『マルカ』とのインタビューに応じ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードという古巣2チームの間で行われるコパ・デル・レイ決勝について自身の見解を示した。

 両者による一戦は“マドリード・ダービー”と呼ばれているものの、アトレティコ・マドリードはレアル・マドリードにここ14年間も勝ち星がない。ウーゴ・サンチェス氏は、アトレティコ・マドリードに代々伝わるレアル・マドリードに対する苦手意識に言及した。

「私がプレーしていた頃も状況は同じだった。レアル・マドリードを前にするとチームは自信を欠き、不安をもって戦っていた。アトレティコ・マドリードの選手にはメンタル・トレーニングが必要だ。とはいえ、“チョロ”(ディエゴ・シメオネ監督の愛称)は、この問題を解決するために適任の人物とも言えるだろう」

 ウーゴ・サンチェス氏は一方、リーガ・エスパニョーラおよびチャンピオンズリーグのタイトルを逃したレアル・マドリードにとって、今回のコパ・デル・レイ決勝が本拠地サンチャゴ・ベルナベウで開催されることは、逆にプレッシャーになると考えているという。

「レアル・マドリードがもし勝利を逃したら、ベルナベウは異常な緊張感に包まれることになるだろう。今シーズンこそ“ラ・デシマ”(チャンピオンズリーグ10度目の制覇)を達成できると思っていたにもかかわらず、残されたのはコパ・デル・レイのみとなった現状を考えれば、サポーターがそういった反応を示すのも当然だ。ジョゼ・モウリーニョ監督はここまで責任を果たしてきたが、彼への期待はそれを上回るものだった」

 アトレティコ・マドリードが2-1でアスレティック・ビルバオを下した1985年の同大会決勝では2ゴールを挙げ、チームにタイトルをもたらしながらも、そのシーズンオフにレアル・マドリードへの“禁断の移籍”を行った経験を持つウーゴ・サンチェス氏。この夏の去就が注目を集めているアトレティコ・マドリードのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオに自身の姿を重ねているようで、ビッグクラブへの移籍を示唆した。

「私のアトレティコ・マドリードでの最後の試合は、ベルナベウでのコパ・デル・レイ決勝だった。自分はその送別試合でゴールを決め、タイトルを獲得した。ファルカオにも同じことが起こり得るだろう。ビッグクラブから狙われた選手を繋ぎ止めておくのは難しいということを、サポーターは理解すべきだと思う」

 最後に「試合をどのように見守るつもりか?」との質問を受けたウーゴ・サンチェス氏は、「レアル・マドリードを応援する、より長く快適な時間を過ごしたクラブだからだ」としながらも、「ファルカオのゴールによりアトレティコ・マドリードが2-1で勝利するというのが、私の予想だ」と締めくくっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る