2013.05.16

レアルが買戻しを希望するDFカルバハル「来季もドイツで」

カルバハル
引き続きレヴァークーゼンでのプレーを希望したカルバハル [写真]=Bongarts/Getty Images

 リーガ・エスパニョーラのタイトルをバルセロナに明け渡すこととなったレアル・マドリードが、王座返り咲きを目指す来シーズンに向けた懸案事項の1つである右サイドバックの補強に関し、計画を再考せざるを得ない可能性が出てきたようだ。

 レアル・マドリードは現在、昨年夏にレヴァークーゼンに放出したU-21スペイン代表DFダニエル・カルバハルを復帰させる方針を固めたと伝えられている。実際、レアル・マドリードは3年間に渡りカルバハルの買戻オプションを保有しており、今年の夏なら650万ユーロ(約8億6000万円)、来年の夏なら700万ユーロ(約9億2000万円)、再来年の夏なら850万ユーロ(約11億2000万円)をレヴァークーゼンに支払えば、その権利を行使できると見られている。

 しかし、今シーズンのブンデスリーガで、ここまでの33試合のうち出場停止と負傷による欠場を除く31試合に出場するなど、新天地で絶対的レギュラーの座を掴んだカルバハルは、ドイツの複数メディアからの取材に対し、もう1年レヴァークーゼンでプレーする希望があることを明らかにした。

「来シーズンはレヴァークーゼンの一員としてチャンピオンズリーグでプレーしたい」

 カルバハルは、1カ月程前のスペイン紙『マルカ』とのインタビューでは、「いつの日かレアル・マドリードに戻れたら嬉しいね。クラブは僕の買戻オプションを保有しているしね」と述べるなど、レアル・マドリード復帰をいつでも歓迎する姿勢を示していた。

 しかし、レアル・マドリードに戻ったとしても控え扱いとなる可能性が高いことや、レヴァークーゼンが来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得したことを踏まえ、クラブ残留が自身のキャリアにとって最適と判断した模様だ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る