2013.05.16

元バルサのジュリ「ロナウジーニョを見て考えが完全に変わった」

ジュリ、ロナウジーニョ
バルセロナ時代のジュリ(左)とロナウジーニョ(右) [写真]=Getty Images

 今シーズンいっぱいでの現役引退を表明した元フランス代表FWリュドヴィク・ジュリが、母国誌『フランス・フットボール』とのインタビューで、2004-2005シーズンから3年間に渡りプレーしたバルセロナ時代のエピソードを明かした。

 現在ロリアンに所属しているジュリは、「バルセロナで過ごした時間は、僕のフットボール選手としてのキャリアにおいて最も重要だった」と振り返るとともに、古巣からの変わらぬ扱いに感謝の意を示した。

「自分は今でもチケットなしでカンプ・ノウに入ることができる。クラブの人達が僕のことや当時のプレーを覚えてくれているからだ。バルセロナは、これまでチームを支えてきた選手への感謝を決して忘れたりしない。先日のチャンピオンズリーグ準々決勝のパリ・サンジェルマン戦では、ロリアンのチームメートを連れていくことも快諾してくれたよ」

 バルセロナではリーガ・エスパニョーラ2連覇やクラブ14年ぶりのチャンピオンズリーグ制覇に主力として貢献したジュリだが、チームメートにブラジル代表FWロナウジーニョという特別な選手がいたことにより、自分のプレースタイルを見つめ直さざるを得なかったことが成功に繋がったと感じているという。

「入団間もないある日、ロナウジーニョの練習をじっくりと見つめた。そして、自分が何をどれだけしようと、彼のようにはプレーできないことを痛感した。僕はモナコではキャプテンを務め、チャンピオンズリーグ決勝にも出場したので、自分は下手じゃないという自負があったし、むしろ上手い部類に入ると思っていた。だが、ロナウジーニョを間近で見たことで、その考えは完全に変わった。彼のような役割を担おうというのは、自分にとっては不釣合いだとね。そして、チームのためなら労を惜しまないという汗かき役に徹したら、それが見事に機能したんだ」

 ジュリは一方、バルセロナの入団発表でのほろ苦い失敗談も告白している。

「格好良く決めてやろうと、入団発表のために白いスーツを買っておいた。ところが、バルセロナでは誰もが奇妙なまなざしで僕のことを見つめるんだ。そして、『白はレアル・マドリードのチームカラーではないか』と気が付いた時は、もはや後の祭りだった。その日の終わりには、ジョアン・ラポルタ会長からも『それは、金輪際やめてくれ!』と苦笑ながら言われてしまった。結局、スーツは翌日捨てるはめになったよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る