FOLLOW US

メッシは全治2~3週間と診断…シーズン最多得点記録更新は困難に

13日に行われた優勝パレードでファンの声援に応えるメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナは14日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、右大腿二頭筋を痛めたため、全治2~3週間と診断されたことを発表した。

 メッシは、12日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節のアトレティコ・マドリード戦で先発出場したが、67分に負傷で途中退場。13日に検査を行うと発表されていた。4月2日に開催されたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのパリSG戦でも、メッシは同箇所を負傷している。

 リーガ・エスパニョーラは今シーズン残り3試合となっている。メッシは、リーグ戦2試合の欠場が決定的となり、6月1日に行われる最終節のマラガ戦も欠場の可能性が高くなった。ここまでリーグ戦46ゴールを決めているメッシだが、自身が昨シーズン記録したリーグ戦でのシーズン50ゴールの歴代記録更新は難しくなった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO