2013.05.14

バルセロナのメッシは、負傷で今季残り試合を欠場の見込み

メッシ
アトレティコ・マドリード戦で動きの鈍かったメッシは連続得点試合記録が途絶えた [写真]=ムツ カワモリ

 優勝に王手を掛けて第35節を迎えたバルセロナは11日、2位レアル・マドリードがエスパニョールとのアウェー戦で1-1のドローに終わった為、アトレティコ・マドリードとのアウェー戦を待たずして2シーズンぶり22回目のリーグ制覇を達成した。

 そして一夜明けた12日、今シーズンの王者としてアトレティコ・マドリードと対戦したバルセロナは、優勝に花を添える2-1の逆転勝利を収めたものの、ここまで故障者の続発に耐えてきたチームの反動が出る形となった。

 バルセロナはこの試合、42分にはDFダニエウ・アウヴェスが背中の痛みにより、60分にはDFアドリアーノが右足太ももの違和感により、それぞれピッチを後にした。そして、アドリアーノと同じタイミングでMFアレックス・ソングも交代させて迎えた71分、数分前から右足ハムストリングに異常を訴えていた大黒柱のFWリオネル・メッシもプレー続行を断念。既に交代枠を使い切っていたチームは、残り20分間を10人で戦うことを強いられた。

 3選手の怪我の詳細は精密検査により明らかになるものの、スペイン紙『スポルト』によると、メッシは右足ハムストリングの肉離れにより、最低でも1ヵ月の戦線離脱になるとのことだ。4月2日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのパリSG戦で同箇所を傷めたメッシは、8日後のセカンドレグで復帰してからは途中出場や欠場によりプレー時間を制限してきたものの、故障を再発させる結果となってしまった。

 リーグ戦でここまで46ゴールを挙げているメッシだが、この負傷により今シーズンの残り3試合に欠場することが濃厚となり、昨シーズン打ち立てた50ゴールという自身の歴代記録を破るのは難しくなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る