2013.05.11

残留を決めたいビルバオが、後がないマジョルカを迎え撃つ

 アスレティック・ビルバオは第29節グラナダ戦で勝利を上げて以来、3分け2敗と5試合白星から遠ざかっている。セビージャ、レアル・マドリードに2連敗を喫して以降、デポルティーボ・ラ・コルーニャ、首位バルセロナに2-2、セルタに1-1と3連続引き分けとなっている。そのアスレティック・ビルバオは、現在は勝ち点38の14位とまだ残留が確定していない状況だ。15位のグラナダは勝ち点35でわずかに3ポイント差と、残り4試合で何があるかわからない。今節以降の残り試合は、サラゴサ戦、レバンテ戦、ラージョ・バジェカーノ戦となっている。有利な状況は変わらないだけに、ここは気を引き締めてかかりたい。歴史上初の2部落ちだけは免れければならない、これは至上命題だ。

 MFアンデル・エレーラは、「勝ち点の計算の話じゃない、マジョルカには勝ちにくる。1カ月落ち着いて過ごすのと、残留を心配して過ごすことは違う。かといって、ナーバスにはなっていない。シーズンの最後で結果的に残留を決めるのではなく、最短で決める」と、気を吐いた。なお、今節は右サイドバックのイラオラが累積警告のため出場停止予定。

 一方のマジョルカは現在勝ち点29の暫定最下位。この残留争いグループの順位は、セルタが1試合多く戦っているため、すべて暫定となる。15位グラナダは勝ち点35、16位サラゴサが勝ち点34、17位オサスナは勝ち点33、18位デポルティーボ・ラ・コルーニャは勝ち点32、そして1試合多い19位セルタは勝ち点31となっている。残り4勝すれば勝ち点12を得られる。最後まで何があるかわからないため、全勝を目指して行きたいところだ。今節を終えた後はベティス、アトレティコ・マドリード、バジャドリードとの試合を残す。

 MFヌスエは、「本当の本当に今、やらなければならない。ここまでやってきたんだから、目標に向かってやるしかない。サン・マメスには勝ちに行くんだ。奇跡以上のことを、自分たち自身でつかみ取りにいかなければならないんだ。今節自分が出場機会を得たならば、出場時間がたとえ5分だろうが限界までやるよ。もう誰が出ようが関係ない」と、残留へ向けて気迫をみなぎらせた。今節はハットン、ビガス、アントニオ・ロペスの出場が微妙。

【予想スタメン】
・アスレティック・ビルバオ [4-3-3]
GK:1.イライソス
DF:28.ラマーリョ、23.エキサ、6.サン・ホセ、3.アウルテネチェ
MF:18.グルペギ(8.イトゥラスペ)、21.アンデル・エレーラ、10.デ・マルコス
FW:14.スサエタ、20.アドゥリス(9.フェルナンド・ジョレンテ)、19.ムニアイン

・マジョルカ [4-3-3]
GK:1.カラタユ(13.アワテ)
DF:27.シモ(2.ハットン)、14.ジェロメウ、4.コンセイソン(16.ヌネス)、23.ケビン
MF:8.ヌスエ、5.ピナ、19.ルイス・マルティー
FW:9.ジオバニ・ドス・サントス、10.ヘメド、18.ビクトル

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る