2013.05.09

DFアビダル、今シーズン限りでのバルセロナ退団を決意か

アビダル
今シーズン、長期離脱から復帰を果たしたアビダル [写真]=Getty Images

 スペインのメディアによると、肝臓移植手術から奇跡的なカムバックを果たしたばかりのバルセロナの元フランス代表DFエリック・アビダルが、今シーズン限りでクラブを去る意向を固めた可能性があるとのことだ。

 バルセロナは今シーズン、近年は故障の回数が増えているキャプテンのスペイン代表DFカルレス・プジョルが5度の負傷に見舞われるなど、断続的にセンターバック不足に泣かされており、年間を通じて確実な計算が立たない選手を複数チームに置いておくリスクを痛感している。

 そういった事情を踏まえるバルセロナは、今年6月末をもって契約を満了するアビダルに対して、今後のスタッフ入りの話は打診したものの、契約延長のオファーは提示しておらず、ラジオ局『Cadena COPE』によると、同選手はシーズン後の退団は避けられないと腹をくくったとのことだ。

 また、アビダルの代理人を務めるダヴィド・ヴェンディテッリ氏も、ラジオ局『RAC1』とのインタビューで、現時点でのクラブとの関係について次のように説明している。

「アビダルは、バルセロナからの回答が一向にないことに落胆している。彼にとって受け入れ難くなりつつあるのは、バルセロナでプレーを続けるか否かが決まっていない状況ではなく、クラブからの回答を待ち続けなければならない状況だ。名誉職を打診されたからではなく、選手としての今後についての話がないから気落ちしているのだ。現時点では、クラブが彼に『もう1シーズン続けて欲しい』と言う理由は存在しないようだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る