2013.05.07

エスパニョール指揮官「欧州の話が出ると、必ず全て台無しになる」

シーズン途中から指揮官に就任し、エスパニョールを立て直したアギーレ監督 [写真]=Getty Images

 昨年11月末にエスパニョールの指揮官に就任し、チームを立て直したハビエル・アギーレ監督だが、ここ最近はもどかしい思いをしているという。

 アギーレ監督の就任時点では最下位の20位だったエスパニョールだが、そこから9勝7分3敗という好成績を残し、順位を一気に10位まで上昇させると同時に、最大目標である1部残留を確定させた。ところが、勢いに乗っていたはずのチームは、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位が視野に入り始めた途端、連敗を喫してしまった。

 5日のセビージャ戦後の記者会見に臨んだアギーレ監督は、「相手の方が全ての面で上だった」と敵地での0‐3の敗戦を振り返る一方、色気が出る度に空回りしてしまうチームを嘆いた。

「我々は、シーズンを“良好”から“最高”にするチャンスを逃し続けてしまっている。今日の試合がその最たる例と言えるだろう。ヨーロッパの大会の話が出だすと、必ず全てが台無しになってしまう」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る