2013.05.05

バルサ、CL大敗から立ち直れるか…ベティスはELに向け正念場

メッシ
出場に注目が集まるメッシ [写真]=Getty Images

 無敵を誇ってきた本拠地カンプ・ノウでもバイエルン・ミュンヘンに0-3で敗れ、2戦合計0-7という歴史的とも屈辱的ともいえる形で、チャンピオンズリーグ準決勝で敗退したバルセロナ。今後は唯一残されたタイトルであるリーガ・エスパニョーラでの王座奪回に突き進むだけとなるが、これまで経験したことのない大敗にチームを取り巻く雰囲気はあまりにも重い。通常であれば、リーガ制覇に向けて自動的に気持ちが切り替わるところだが、残り5試合で2勝すれば優勝と条件が緩いため、その効果もあまり期待できない状況にある。

 ただし、故障者続出により厳しいやり繰りが続いてきたチームにとって、並行して戦う大会がなくなったことは、戦力面だけを考えればプラスとなる。バイエルン戦に起用できなかったFWメッシの状態は心配だが、後半の早い段階で下げたMFシャビやMFイニエスタは今回もスタメン入りする可能性が十分にある。一方、MFセスクは累積警告により欠場が決定している。

 バイエルン戦後にイニエスタが残した「いちはやくリーガ制覇を決めてしまいたい」という本音に対し、気力と体力がついてくるのか、チャンピオンズリーグ大敗からの立ち直りが今回の見所となる。

 現在7位のベティスは、最大目標である1部残留が事実上確定したことによる反動か、ホームでデポルティーボ・ラ・コルーニャと1-1のドローに終わった前節を始め、ここ3試合白星から遠ざかっている。ここに来ての足踏みにより、5位マラガおよび6位バレンシアからは4ポイント差となり、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向け後がない状況となってしまった。

 流れを変えたい今回の試合だが、MFカニャスおよびDFナチョという不動のレギュラーが出場停止となり、戦力の低下は否めない。中盤の底にはMFルベン・ペレスが、左サイドバックにはDFアレックス・マルティネスが起用される見込みとなっている。一方、デポルティーボ戦で負傷したDFペルキスに代わり出場が見込まれているDFマリオは、「バルセロナには多くの友人がいる。出場機会は少なかったものの、多くを学んだ」とレンタル移籍によりプレーした過去を振り返りながらも、「チームには彼らの優勝を遅らせてやろうというモチベーションがある」と意気込んでいる。この試合を再浮上のきっかけにできるか、正念場を迎えたチームの奮起に期待したい。

【予想スタメン】
・バルセロナ[4-3-3]
GK:1.ホセ・マヌエル・ピント
DF:19.モントーヤ(2.ダニエウ・アウヴェス)、15.バルトラ、3.ピケ、18.ジョルディ・アルバ
MF:25.ソング、11.チアゴ・アルカンタラ、8.イニエスタ(6.シャビ)
FW:9.アレクシス・サンチェス、7.ビジャ(10.メッシ)、37.テージョ(17.ペドロ)

・ベティス[4-2-3-1]
GK:13.アドリアン・カスティージョ
DF:2.チカ、3.マリオ(12.パウロン)、4.アマージャ、6.アレックス・マルティネス
MF:10.ベニャ、8.ルベン・ペレス、22.パボン(15.キャンベル)、24.ルベン・カストロ、9.バディージョ
FW:19.ホルヘ・モリーナ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る