FOLLOW US

マンC、マラガからペジェグリーニ監督とイスコの引き抜きを画策か

マンC移籍が浮上したイスコ [写真]=Bongarts/Getty Images

 今シーズン限りでロベルト・マンチーニ監督を解任すると噂されるマンチェスター・Cが、マラガのマヌエル・ペジェグリーニ監督とスペイン代表MFイスコの獲得を検討しているとスペイン紙『アス』が報じている。

 同紙は、すでにマンチェスター・Cのスポーツ・ディレクターであるチキ・ベギリスタイン氏と、ペジェグリーニ監督の代理人が会談したと報じた。ベギリスタイン氏は以前からペジェグリーニ監督を評価しており、バルセロナのスポーツ・ディレクターを務めていた際、当時ビジャレアルを率いていたペジェグリーニ監督の招聘を検討したが、実現しなかったと伝えている。ペジェグリーニ監督は2015年夏までマラガと契約しているが、400万ユーロ(約5億円)での契約解除条項があると見られている。

 また、マンチェスター・Cはイスコの獲得も併せて狙っていると報じられている。2016年夏まで契約を残しているイスコの契約解除金は3500万ユーロ(約45億円)に設定されているが、マンチェスター・C以外にもチェルシーやドルトムント、モナコなど多くのクラブが獲得に乗り出していると噂されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA