FOLLOW US

ベティスのカニャス、来季から“スパニッシュ・スウォンジー”入りへ

スウォンジー加入が濃厚と報じられたカニャス(右) [写真]=Getty Images

“スパニッシュ・スウォンジー”との俗称で呼ばれることもあるプレミアリーグのスウォンジーに、リーガ・エスパニョーラからまた1人の選手が移籍することになった模様だ。

 スペイン紙『ABC』は、ベティスの副主将を務めるスペイン人MFホセ・カニャスが、来シーズンからスウォンジーでプレーすることが決定したと報じた。両者は既に3年契約にサインしているという。

 選手としても指導者としてもリーガ・エスパニョーラと縁の深いミカエル・ラウドルップ監督の下、スペイン人選手もしくはリーガ出身選手を数多く獲得しているスウォンジーは、今年1月の移籍市場でもカニャス獲得に向け移籍金100万ユーロ(約1億3000万円)のオファーを提示したものの、当時チャンピオンズリーグの出場権を激しく争っていたベティスから拒否されていた。だが、カニャスは今年6月末でベティスとの契約を満了するため、スウォンジーは今回、移籍金無しで同選手を獲得できることになる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA