2013.04.27

4カ月未勝利の最下位サラゴサ、18位マジョルカと直接対決

 現在7勝6分け19敗の勝ち点27、最下位に沈むサラゴサは、昨年12月22日に行われた第17節ビルバオ戦で挙げた勝利以降、15試合、4カ月以上も未勝利が続いている。残り6試合で5試合に勝たなければ、残留確定ラインまでの到達はほぼ不可能と、まさに崖っぷちに立たされている。第29節レアル・マドリード相手に1-1と、見事とも言える引き分けの後は、残留争いのライバルであるデポルティーボ・ラ・コルーニャをはじめ、3連敗を喫している。今節も勝ち点差1で上をいく直接のライバル、マジョルカが相手と、非常に重要な一戦へ臨む。ホームでの地の利を生かし、何が何でも勝たなければならない。

 DFアルバロ・ゴンサレスは、「何もせずにシーズンの半分が過ぎた。もうやるしかないんだ。残留するためには、残り試合のほとんどで勝たなければならない。失うものは何もない」と、重要な一戦へ向けて決意を見せた。ここからがまさに正念場だ。なお、今節はDFサプナルが累積警告により出場停止予定。

 一方のマジョルカは現在7勝7分け18敗の勝ち点28、18位。15位オサスナは勝ち点32、16位デポルティーボは勝ち点30、17位グラナダは勝ち点29、そして19位セルタの勝ち点27、このあたりが実質上の残留争いのチームになると思われる。第29節にデポルティーボ、第30節にはバルセロナに敗れているものの、前々節はライバルのセルタに勝利、前節はラージョに引き分けと、最終局面へ向けて調子を上げてきている。第34節以降はレバンテ、アスレティック・ビルバオ、ベティス、アトレティコ・マドリード、バジャドリードと、サラゴサ同様の対戦相手を残している。今節は直接のライバル相手と、こちらも是が非でも勝利をものにしたいところだ。

 2011年にセビージャから移籍したMFアルファロは、「勝ち点3をマジョルカに持って帰るためにサラゴサへ行く。マジョルカは直接のライバルとなるから、この勝ち点3は非常に重要になる。ここ2試合ホームで4ポイントとることができたし、セビージャにだってホームで勝った。次はアウェーでポイントを稼がなければならない」と、気を吐いた。なお、今節へ向けてGKアワテ、MFティッソーネ、FWビクトルが復帰できそうだが、FWヌスエの復帰は難しいと予想される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る