2013.04.21

残留争いから抜け出したいオサスナ、絶好調ソシエダを迎える

 オサスナのここ5戦の成績は1勝4敗、バジャドリードに挙げた1勝のほか、4敗はベティス、アトレティコ・マドリード、バルセロナ、マラガ相手にと、厳しい状況だ。現在は8勝7分け16敗の勝ち点31、15位。16位デポルティーボ・ラ・コルーニャは勝ち点29、17位グラナダは勝ち点28、18位サラゴサ、19位マジョルカはともに勝ち点27となっていて、この先は険しい残留争いが続きそうだ。ボーダーラインといわれる勝ち点43まで、残り7試合のうち4試合に勝つことができるか、厳しい状況が続く。33節以降の対戦相手にはラージョ・バジェカーノ、バレンシア、ヘタフェ、グラナダ、セビージャ、レアル・マドリード戦が残る。この先もズルズルいくと大変なことになるため、ここが踏ん張りどころだ。

 この冬加入したMFフランシスコ・シルバは、「緊急に勝ち点が必要だ。今節の相手はレアル・ソシエダ、何試合も勝っている偉大なチームを迎えるにあったって十分に注意したい。そして残留のために、是が非でも勝たなければならない」と警戒しつつ、残留へ向けての臨戦態勢を整えているようだ。なお、今節はDFマルク・ベルトランが累積警告のため出場停止となる。

 一方、前々節はホームでマラガ相手に4-2と勝ち星を挙げ、前節はアウェーでラージョ・バジェカーノ相手に2-0と勝利、13試合負けなしで4位と絶好調のレアル・ソシエダ。チャンピオンズリーグ出場圏内賭けた戦いにおいて、5位マラガ、6位バレンシアとの勝ち点差はどちらも4と、気の緩みは見せられない。次節はバレンシアとの直接対決、その先にはレアル・マドリード戦、さらには今節のオサスナもそうだが、残留争いのグラナダ、デポルティーボ戦もあり、油断は禁物だ。

 前節けがから約2カ月ぶりに復帰したエルストンドは、「ピッチに戻ってこられてよかった。前節はチームを助けることができたし、結果を守らなければならなかったしね。ここ2、3週間は肉離れのけがのことも忘れられたし、満足している。出場は15分ほどだけだったど、チームの信頼関係が感じられた。来シーズン、ヨーロッパの舞台で戦っていることは間違いない」と、チームの状態の良さを語っており、最後まで気を引き締めていきたいところだ。なお、今節はイジャラメンディが累積警告のため出場停止予定。

【予想スタメン】
・オサスナ [4-2-3-1]
GK:13.アンドレス・フェルナンデス
DF:24.ダミアー、4.ミゲル・フラーニョ、14.アリーバス、15.オイエール
MF:23.ロエ、20.フランシスコ・シルバ(10.プニャル)、16.セフード、6.デ・ラス・クエバス(8.ショジャエイ)、9.アルメンテロス
FW:7.キケ・ソラ(17.ニノ)

・レアル・ソシエダ [4-2-3-1]
GK:1.クラウディオ・ブラボ(13.スビカライ)
DF:2.カルロス・マルティネス、3.ミケル・ゴンサレス、6.イニゴ・マルティネス、24.デ・ラ・ベージャ
MF:5.マルケル、4.エルストンド、11.ベラ、10.シャビ・プリエト、7.グリーズマン
FW:9.アギレチェ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る