2013.04.21

レアルの主力2選手が負傷…CLドルトムント戦の出場は微妙か

マルセロ
負傷により、途中交代を余儀なくされたマルセロ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは、20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節でベティスと対戦し、3-1で勝利を収めた。しかし、同試合に先発出場したレアル・マドリードのブラジル代表DFマルセロ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが負傷するアクシデントに見舞われている。

 左足を痛め、担架で運ばれたマルセロは、15分にフランス代表DFラファエル・ヴァランとの交代を余儀なくされた。スペイン紙『マルカ』は、同選手が数週間に渡り離脱するとの見方を示している。

 また、太ももに違和感を覚えたモドリッチは、62分にポルトガル代表DFペペと途中交代し、ピッチを退いている。

 レアル・マドリードは、24日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでドルトムントと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る