FOLLOW US

ロウラ助監督「レバンテ戦はリーグの難しさを証明する試合だった」

リーグ制覇の難しさに言及したロウラ助監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナは、20日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節でレバンテと対戦し、1-0で勝利を収めている。リーグ戦で首位を独走しているバルセロナのジョルディ・ロウラ助監督は、気を引き締めながらも、チームの成績に満足していることを明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 レバンテを下したバルセロナは、2位のレアル・マドリードとの勝ち点差13を維持し、早ければ次節にも優勝が決まる。ロウラ助監督は、「1試合ずつ進んでいかなければならない」と語りながらも、「少しでも早くチャンピオンになれるのなら、その方がいい」とコメントした。

 また、ロウラ助監督は、リーグ戦で2位以下に大きな差をつけている状況に満足感を示すとともに、改めてリーグ戦の難しさについて語っている。

「勝ち点84で、史上最強のレアル・マドリードよりも上にいるんだ。素晴らしいことだと思うよ」

「レバンテ戦はとても苦しんだし、リーグ制覇の難しさを証明する試合になったはずだ。もし、我々が今シーズンのリーグタイトルを獲得すれば、過去5年間で4度もリーグを制したということになる。とても偉大なことだと思うね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO