FOLLOW US

リーグ優勝の重要性を語るセスク「タイトルのために頑張ってきた」

リーグタイトルの重要性を語ったセスク [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第32節が20日に行われ、バルセロナとレバンテが対戦した。試合は、84分にスペイン代表MFセスク・ファブレガスが得点し、バルセロナが苦しみながらも勝ち点3を獲得している。勝利に貢献したセスクは、同試合を振り返るとともに、リーグタイトルの重要性を語った。クラブ公式HPが伝えている。

 セスクはレバンテ戦について、「リーグ優勝のためには、どうしても勝たなければいけない試合だった」とコメント。「火曜日の試合をいい状態で迎えることができると思う」と続け、23日に行われるチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのバイエルン戦を見据えた。

 また、セスクはリーグタイトルの重要性について、以下のように語っている。

「リーグ戦を制することは、それほど重要ではないと思っている人がいるようだ。でも、このタイトルは本当に大切なものさ。それを獲得するために、僕たちは一生懸命頑張ってきたんだからね」

 なお、バルセロナは今節の勝利で、2位のレアル・マドリードとの勝ち点13差を維持した。次節に勝利し、レアル・マドリードが敗れれば、残り5試合で勝ち点差が16に広がるため、2シーズンぶり22回目のリーグ優勝が決まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO