2013.04.20

バルサのロウラ助監督「タイトル獲得への野心が結果に表れている」

ジョルディ・ロウラ
「リーグタイトル獲得への野心が好調の要因」と語るロウラ助監督 [写真]=Getty Images

 20日に行われるリーガ・エスパニョー第32節で、バルセロナとレバンテが対戦する。バルセロナはリーグ戦7試合を残し、2位のレアル・マドリードに勝ち点差13をつけているが、ジョルディ・ロウラ助監督は、「タイトル獲得への野心が結果に表れている」と好成績を収めている要因を分析した。クラブ公式HPが伝えている。

 ロウラ助監督はレバンテ戦について、「最近は成績がよくないが、それが強みになる可能性がある。失うものがないというのは、非常に危険なことだ」とし、注意を促した。

 また、ロウラ助監督はチーム全員がリーグ優勝を重要視しており、タイトル獲得への野心が好成績につながっているとコメントした。

「2、3カ月前から、我々のリーグ優勝は決まりだと言われていたが、チームが集中力を切らすことはなかった。リーグ制覇が第一の目標であることを、誰もが理解していたからね。タイトル獲得への野心が、周囲の予想をはるかに上回る結果を生んだんだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る