2013.04.18

バルセロナ、首脳陣が来季に向けた補強会議を本格的に開始

2シーズンぶりの欧州制覇を目指すバルセロナ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ制覇が刻々と近付きつつあるバルセロナが、来シーズンに向けた補強に本格的に動き出したようだ。

 スペイン紙『スポルト』によると、バルセロナは今週に入り首脳陣による会議を招集し、夏の移籍市場における具体的な戦略を立て始めたという。その初日となった16日には、サンドロ・ロセイ会長こそクラブの公式行事により不在だったものの、同会長から全権を委任されたスポーツ部門責任者のジョゼップ・バルトメウ副会長、アンドニ・スビサレッタSD(スポーツ・ディレクター)、ティト・ビラノバ監督、ジョルディ・ロウラAC(アシスタント・コーチ)による4者会談が行われたとのことだ。また、次回の話し合いも数日以内に開催される予定だという。

 なお、バルセロナにとって補強が必要不可欠なポジションとしては、スペイン代表GKビクトル・バルデスがクラブとの契約延長の放棄を表明しているゴールマウスに加え、年々故障が多くなっているスペイン代表DFカルレス・プジョル、肝臓移植手術から復帰を果たしたもののシーズン後の去就が未定の元フランス代表DFエリック・アビダルを抱えるセンターバックが挙げられている。また前線では、サントスのブラジル代表FWネイマールとの事前契約が噂されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る