2013.04.16

バルサ、300試合連続で支配率50%以上を記録

バルセロナは2008年5月のレアル・マドリード戦以降、300試合連続でポゼッション率50%以上を記録 [写真]=Getty Images

 バルセロナが、14日のリーガ・エスパニョーラ第31節レアル・サラゴサ戦で、ボールポゼッション率64パーセントを記録。公式戦300試合連続で、ポゼッション率50パーセント以上の数値を記録した。クラブの公式HPが伝えている。

 バルセロナが最後にポゼッション率50パーセントを下回ったのは、2007-2008シーズンのリーガ・エスパニョーラ第36節のレアル・マドリード戦で、バルセロナのポゼッションは49.5パーセントだった。そして、2008年5月7日以降は、約5年間にわたって公式戦300試合連続で、ポゼッション率50パーセント以上を記録している。

 バルセロナが、300戦連続でポゼッション50パーセント以上を記録した試合の大会種別の内訳と、監督の指揮試合数は以下のとおり。

■大会種別

リーガ・エスパニョーラ:185試合
チャンピオンズリーグ:62試合
コパ・デル・レイ:39試合
スペイン・スーパーカップ:8試合
クラブ・ワールドカップ:4試合
ヨーロッパ・スーパーカップ:2試合

■監督別

フランク・ライカールト:2試合
ジョゼップ・グアルディオラ:247試合
ティト・ビラノバ:51試合

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る