2013.04.14

修正を図るアトレティコが残留争い脱出を狙うグラナダを迎える

ファルカオ
アトレティコ・マドリードの攻撃陣をけん引するファルカオ(中央) [写真]=Getty Images

 シーズンも終盤に差し掛かり、勢いが失速しつつあるアトレティコ・マドリード。現在は19勝5分け6敗で勝ち点62の3位につけているものの、前節ヘタフェと引き分けたことで2位レアル・マドリードとの勝ち点差は3ポイントに広がっている。アトレティコ・マドリードはここ5試合で1勝3分け1敗、勝ち星は第28節オサスナに挙げたのみで、3分けはマラガ、バレンシア、ヘタフェ相手、負けはレアル・ソシエダ戦と、決して好調とは言えない結果となっている。

 前節ヘタフェ戦ではMFアルダが負傷ということもあり、アドリアン・ロペス、ファルカオ、ジエゴ・コスタという攻撃的布陣で臨んだが、DFゴディン、MFマリオ・スアーレスが警告2枚で退場したほか、攻撃陣も結果を残せずスコアレスドローに終わっている。ディエゴ・シメオネ監督は今節に先立ち、「今のチームを強化しながら最後までいくことは確かだ。チャンピオンズリーグ準決勝進出を決めたレアル・マドリードに3ポイント差で追随していることに対して満足しているし、誇りに思う。今現在、フィジカル的にもチームはまとまっているし、何かを失っているわけでもない。目標は昨シーズンのような戦いができるように改善することだ」と、今後への課題と抱負を語った。2位でのシーズン終了を目指すべく、一戦一戦を大事にしていきたいところだ。なお、マリオ・スアーレスは前節退場のため今節は欠場、前節欠場のアルダ、そしてMFティアゴは今節も引き続き欠場するものと見られる。前節退場のゴディンへの1枚目のイエローカードは取り消される模様で、そのため今節は出場可能となりそうだ。

 一方のグラナダは現在7勝7分け18敗の勝ち点28、16位。1つ上をいく15位オサスナは勝ち点31、すぐ下の17位サラゴサは勝ち点27、降格圏ながら好調の18位デポルティーボ・ラ・コルーニャは勝ち点26となっている。グラナダは第23節デポルティーボ戦で勝利を挙げて以来、2分け5敗と7戦勝ち星がなく、今の状態が続くと降格圏へ沈む可能性も十分に考えられる。今節は決して調子がいいとは言えないアトレティコ・マドリードが相手だが、勝ち点を1つでも稼ぎ、踏ん張りを効かせたい。

 前節ベティス戦でゴールを挙げているFWアランダは、「7戦勝利なしだが、下位チームのことは一切見るべきではない。とにかく勝利が必要だし、ビセンテ・カルデロンで勝つことも不可能ではない。フットボールにおいて、不可能は存在しない。今節も、そしてあと8試合の厳しい戦いにも準備をして臨むだけだ」と、今節へ向けて、そして残留へ向けて気迫を見せた。なお、DFシケイラが前節2枚の警告により退場のため今節は欠場予定。

【予想スタメン】
・アトレティコ・マドリード [4-3-3]
GK:13.クルトワ
DF:20.フアンフラン、23.ミランダ、2.ゴディン、3.フィリペ・ルイス
MF:6.コケ、14.ガビ、28.サウール
FW:7.アドリアン・ロペス、9.ファルカオ、19.ジエゴ・コスタ

・グラナダ[4-4-2]
GK:1.トーニョ
DF:2.ニョム、8.イニゴ・ロペス、5.マインス、16.ブライアン・アングーロ
MF:3.ブラヒミ(28.レシオ)、14.ミケル・リコ、21.フアンマ・オルティス(24.イリネイ)、9.エル・アラビ、10.ノリート(22.トルジェ)
FW:7.アランダ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング