2013.04.13

元レアルのサルガド「エッシェンはモウリーニョ監督のジョーカー」

エッシェン
モウリーニョ監督から厚い信頼を受けるエッシェン [写真]=Getty Images

 かつてレアル・マドリードの不動のレギュラーとして活躍したミチェル・サルガド氏が、スペイン紙『マルカ』とのインタビューで、古巣の現状について自身の見解を示した。

 2009年夏には10年間過ごしたレアル・マドリードからブラックバーンに移籍し、昨シーズンをもって引退したサルガド氏は、やはり自分の仕事場であった右サイドバックが気になるようで、9日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのガラタサライ戦でスペイン代表DFアルバロ・アルベロアに代わり先発した元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンの、ジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼の厚さに注目した。

「ガラタサライ戦でのエッシェン起用には驚かされた。だが、彼はポジションへの適正をしっかりと示した。守備的MFとしてもサイドバックとしてもプレーできる彼は、モウリーニョ監督にとっての“ジョーカー”だ」

 とはいえ、レアル・マドリードは同試合、右足に違和感を訴えたエッシェンが前半途中でピッチを退き、代わりに出場したアルベロアも終了間際に2度目の警告により退場処分を受けた。幸いにもエッシェンは大事に至らなかった一方、不用意なイエローカードを受けたアルベロアに対してはモウリーニョ監督が苦言を呈しているようで、右サイドバックのレギュラー争い激化を指摘する声もある。

 この状況を受けたサルガド氏は、チーム内競争を歓迎すると同時に両選手にエールを送った。

「エッシェンかアルベロアかだって? 偉大な選手の中で誰を起用するべきかという疑問があるのは、選手層が厚いことの印であり、チームにとってポジティブなことだ。両選手ともスタメンに値するだけの努力を重ねてきた」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング