2013.04.09

“メッシ対ロボキーパー”がスペインでも話題に

ロボキーパーとの対決に勝利したメッシ [写真]=Getty Images

 6日にTBS系列で放映された『炎の体育会TV』のワンコーナー、“メッシ対ロボキーパー”がスペインで話題を呼んでいる。

 同企画は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ボールの軌道をセンサーで認識し反応するロボキーパーが対戦するというもので、スペイン紙『マルカ』『アス』『ムンド・デポルティボ』『スポルト』といった大手メディア電子版がこぞって取り上げている。

 ルールは、選手が3本中1本でも決めれば勝利というもので、これまでに日本代表選手なども挑戦している。メッシは、1本目でゴール右下隅を狙い、ロボキーパーに止められてしまうと、反応の良さに驚きを見せる。2本目は左上隅を狙ったが、ポストを直撃してしまった。そして最後の3本目で再び左上隅を狙ったメッシはしっかりと軌道修正。ロボキーパーの鉄壁の守備を破った。さらに、2本連続で決めた選手はいないと言われたメッシは、エクストラとしてもう1本挑戦すると、ゴール右へ強烈なシュートを決め、両手を広げて喜び、ロボキーパーとの対戦を楽しんだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る