FOLLOW US

メッシ不在のバルセロナが降格圏内のマジョルカと対戦

CLパリSG戦で負傷したメッシを欠くバルセロナ [写真]=Getty Images

 バルセロナはこの1週間、リーガ・エスパニョーラ前節のセルタ戦およびチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのパリSG戦にいずれも2‐2のドロー。アウェーでの2連戦で一定の成果を上げた。しかし、パリSG戦ではFWメッシとDFマスチェラーノが相次ぎ負傷するアクシデントに見舞われ、ただでさえ故障者の多いチームは更なる戦力ダウンを強いられた。とりわけ、セルタ戦で19試合連続ゴールという偉業を達成したメッシの不在をどのようにカバーするかは、今回の一戦の大きな見所の1つとなる。一方、DFプジョルとDFアドリアーノを欠く中で、マスチェラーノまで離脱した守備陣は、全体的な駒不足をどう解決するかが課題だ。

 しかし、2位レアル・マドリードには大量13ポイントの差を付けているうえ、4日後にはパリSGとのセカンドレグが控えるため、今回はできるだけ主力を温存しておきたいところ。スタメン入りが濃厚なFWテージョやDFマルク・バルトラはもちろんのこと、FWデウロフェウやMFセルジ・ロベルトといったBチーム所属の選手にも出場のチャンスがありそうだ。

 そして、今回最も注目を集めている1人が、肝臓移植手術を乗り越えて、セルタ戦でベンチ入りを果たしたDFアビダルだ。試合展開によっては投入される可能性も十分にあり、そうなれば1年2カ月振りの公式戦出場となる。腫瘍摘出手術に伴う治療を経て、一足先にパリSGとのファーストレグで久々の采配を揮ったティト・ビラノバ監督の判断を見守りたい。

 一方、不振からの脱出の兆しも垣間見られたマジョルカだが、ここに来ての2連敗により再び19位に転落。格上のレアル・マドリードにアウェーで2‐5と力負けした前々節はともかく、最下位のデポルティーボ・ラ・コルーニャにホームで2‐3で惜敗した前節はショックが大きい。とはいえ、幸いにも残留争いを繰り広げているライバルも足踏み状態が続いており、16位グラナダとは4ポイント差、17位サラゴサとは3ポイント差と、降格圏内からの脱出は十分に手の届く位置にある。

 故障者の続出に悩まされ続けてきたチームも戦力が戻りつつあり、この試合では出場停止のDFジェロメウを除く現時点でのベストメンバーが組めそうだ。中でもグレゴリオ・マンサーノ監督の就任以降レギュラーに定着し、最近4試合で4ゴールと絶好調のMFアルファロには大きな期待が掛かる。また、古巣との対戦となるMFジオバニ・ドス・サントスは、もしバルセロナがMFジョナタン・ドス・サントスを起用した場合、初の兄弟対決を迎える。この試合最大の目標となる連敗脱出のためには、守備陣の踏ん張りが欠かせない。相手はメッシの不在や主力の温存により攻撃力が落ちるのは間違いないだけに、何とか最小失点に抑えて勝ち点をもぎ取りたい。

【予想スタメン】
・バルセロナ[4‐3‐3]
GK:13.ピント
DF:2.ダニエウ・アウヴェス、15.マルク・バルトラ、25.ソング、19.モントーヤ
MF:16.セルヒオ・ブスケツ(28. セルジ・ロベルト)、11.チアゴ・アルカンタラ、4.セスク(8.イニエスタ)
FW:27. デウロフェウ(9.アレクシス・サンチェス)、7.ビジャ、37.テージョ

・マジョルカ[4‐2‐3‐1]
GK:13.アワテ
DF:2.ハットン、16.ヌネス、17.ビガス、20.ルナ(23.ケビン)
MF:19. ルイス・マルティー、12.ティッソーネ、21.アルファロ、5.ピナ、9.ジオバニ・ドス・サントス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO