2013.03.30

バルサのアビダル、肝臓移植手術を経て1年ぶりの招集メンバー入り

アビダル
練習後にメッシ(右)と談笑するアビダル(左) [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するフランス代表DFエリック・アビダルが、約1年ぶりに試合の招集メンバー入りを果たした。クラブの公式HPが伝えている。

 アビダルは、30日にアウェーで行われるリーガ・エスパニョーラ第29節のセルタ戦に臨む招集メンバー19選手に選ばれた。昨年3月の肝臓移植手術後では、初のメンバー入りとなっている。

 アビダルは、2011年3月に肝臓の腫瘍が見つかったため、摘出手術を行い、2カ月後に復帰。しかし、2012年3月に、再発する可能性を下げるために肝臓の移植手術を行った。その後、長らくピッチを離れていたが、リハビリなどの成果により、今年2月には試合に出場しても問題がないと医師からの許可が下りていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る