2013.03.29

アンジ、V・バルデス獲得に年俸12億円の高額オファーを準備か

アンジが接触していると報じられたGKビクトル・バルデス [写真]=Getty Images

 スペイン紙『マルカ』は28日、アンジ・マハチカラがバルセロナ所属のスペイン代表GKビクトル・バルデスと接触していると伝えた。

 同メディアは、バルデスがクラブと契約更新をする意志がないと表明したことを受け、アンジ首脳陣が同選手をリストアップしたと報道。アンジは、GKとしては世界最高額となる年俸1000万ユーロ(約12億円)のオファーを準備しているとされ、来シーズン開幕からの加入を望んでいるという。なお、バルデスは、バルセロナと2014年6月30日までの契約を結んでいる。

 バルセロナの下部組織出身のバルデスは、2002年にトップチームに昇格。1シーズンで1試合当たりの平均失点が最も少なかったゴールキーパーに与えられるサモラ賞を5回受賞するなど、バルセロナの正GKとして活躍している。26日に行われたブラジル・ワールドカップ欧州予選のフランス戦ではフル出場し、スペインの完封勝利に貢献した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る