FOLLOW US

レアル指揮官がFIFA年間表彰式の欠席理由を明かす「不正があった」

年間表彰式での投票に「不正があった」と語るモウリーニョ監督

 レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が、今年1月に行なわれたFIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式を欠席した理由を明かした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同メディアによると、ポルトガルメディア『RTP』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、「投票は透明性を欠いていた」とコメント。続けて、「何人かは私に投票したのだが、『他の候補者に投票したことになっている』と言われたんだ」とし、投票で不正があったため、表彰式を欠席したと明かしている。

 FIFA年間最優秀監督賞の最終候補には、モウリーニョ監督のほか、スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督、前バルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラ氏がノミネートされており、デル・ボスケ監督が同賞を受賞していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO