FOLLOW US

V・バルデスが5度目のサモラ賞を獲得「この賞はみんなに捧げたい」

歴代最多タイとなる5度目のサモラ賞を獲得したバルデス

 スペインの大手スポーツ紙『マルカ』が主催する“最優秀GK賞ZAMORA(サモラ)”の2011-12シーズンの授賞式が行われ、バルセロナのスペイン代表GKビクトル・バルデスが4シーズン連続となる5度目の受賞を果たした。1959年に始まった同賞において通算5度目の受賞は、元バルセロナの伝説のGKアントニ・ラマジェッツと並び、歴代最多獲得数となる。

 バルデスは受賞の喜びを、「5度のサモラ賞獲得と言えば、GKの憧れの存在、ラマジェッツを思い出すね。この賞は、素晴らしい仲間がいたからこそ手にできたもの。みんなに捧げたい」とコメント。バルデスはすでに、来シーズンで切れるバルセロナとの契約を、更新しないことを表明。アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が獲得に名乗りをあげたと報じられるなど、今シーズン終了後の動向が注目されている。

 一方、バルデスの代役としてバルセロナが触手を伸ばしているとされるGKの一人が、リヴァプールのスペイン代表GKペペ・レイナ。もっとも同選手は、「そんなのまだ噂に過ぎない。少なくとも、僕の所にはそんな話は来ていないから、コメントしようが無いね。もちろん、もしそうであれば、バルセロナは偉大なクラブだから、光栄なこと。だけど、僕は今、リヴァプールでとても満足しているんだ。バルデスは僕の友達だけど、彼が何故バルセロナを去るのかは聞いていない。僕もみんなと一緒で、ニュースで聞いた情報しか知らないよ。とにかく、彼がどんな決断をしようとも、それを尊重するだけさ」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO