FOLLOW US

バレンシア対ベティス…両エースの得点が欧州行きの切符をもたらす

今シーズンのリーグ戦では、13ゴールを挙げているソルダード [写真]=Getty Images

 前節はアウェーでアスレティック・ビルバオに0-1で敗れ、目指す4位浮上のビッグチャンスを逃したバレンシア。先週のチャンピオンズリーグ敗退によりリーガ・エスパニョーラでの4位以内が唯一無二の目標となった今、勝ち点1差で6位につけるベティスとの上位進出を争う直接対決は、3戦未勝利の流れを断ち切るにはこの上ない一戦だと言える。

 今節バレンシアは負傷中のDFリカルド・コスタに加え、DFビクトル・ルイスもビルバオ戦で負ったけがのため欠場する。とはいえDFラミとDFジョアン・ペレイラの復帰に加え、チャンピオンズリーグのパリSG戦でセンターバックに起用されたDFマテューが急造のコンバートとは思えない安定したプレーを見せただけに、最終ラインの構成に問題はないだろう。

 攻撃面では木曜の練習中に内転筋を痛めたMFピアッティの欠場が濃厚なため、左MFにはここ数試合重要なゴールを何度も決めているFWジョナスが起用される可能性が高い。

 対するベティスは前節オサスナを2-1で破り、早くもシーズン前の目標である残留をほぼ決める勝ち点43に到達。アウェーでバレンシアに挑む今節は、残る11試合でさらなる高み、つまりヨーロッパ進出を目指せるかどうかを占う一戦となる。

 ボールポゼッションをベースにゲームの主導権を握ろうとするだろうバレンシアは、カウンターを最大の武器とするベティスにとって相性の悪い相手ではない。中でもシーズンを通して高い決定力を保ち続けているFWルベン・カストロはスペイン代表の当落線上にいるバレンシアのエースであるFWロベルト・ソルダードの立場を脅かすほど存在感を増している。ゆえに今節は来シーズンのヨーロッパ進出チームを占うだけでなく、スペイン人得点王「サッラ賞」を争う両エースの対決としても楽しみな一戦となりそうだ。

【予想スタメン】
・バレンシア [4-2-3-1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:12.ジョアン・ペレイラ、4.ラミ、22.マテュー、17.グアルダード
MF:21.パレホ、24.ティノ・コスタ、8.フェグリ、10.バネガ、7.ジョナス
FW:9.ソルダード

・ベティス [4-4-2]
GK:13.アドリアン・カスティージョ
DF:7.アンヘル、4.アマージャ、12.パウロン、23.ナチョ
MF:15.キャンベル、21.カニャス、10.ベニャ、17.フアン・カルロス
FW:24.ルベン・カストロ、22.パボン(19.ホルヘ・モリーナ)

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA