2013.03.15

リーガ勢、10シーズン振りにCLベスト8に3チームが進出

スペイン勢はバルセロナなど3クラブがCLベスト8進出 [写真]=Getty Images

 13日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の全日程が終了し、ファーストレグ終了時点では全滅の危機に立たされていたリーガ・エスパニョーラ勢は、セカンドレグで底力を見せ付けた。

 まず5日、レアル・マドリードがアウェーでマンチェスター・Uを2‐1で下し、合計スコア3‐2で準々決勝進出を決めた。続く6日に登場したバレンシアは、アウェーでパリSGと1‐1で引き分け、合計スコア2‐3により大会から姿を消したものの、12日にバルセロナがホームでミランに4‐0で圧勝すると、13日にもマラガがホームでポルトに2‐0で勝利。それぞれ合計スコア4‐2ならびに2‐1として、逆転で勝ち名乗りを上げた。

 この結果、リーガ・エスパニョーラはベスト8に3チームを送り込み、これはレアル・マドリード、バルセロナ、バレンシアが準々決勝に進出した2002‐03シーズン以来、10シーズン振りとなった。

 また、初のベスト8入りを果たしたマラガは、バルセロナ、レアル・マドリード、バレンシア、デポルティボ、ビジャレアル、アトレティコ・マドリードに続き、準々決勝進出を経験した7番目のチームとなった。このリーガ・エスパニョーラ勢の記録は、フランス・リーグアン勢と並び、ヨーロッパの全リーグ中最多となっている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る