2013.03.15

元伊代表カンナヴァーロ氏「レアルのセンターバック陣は素晴らしい」

レアル・マドリードでも、出場機会を増やしているヴァラン [写真]=ムツ カワモリ

 元イタリア代表DFのファビオ・カンナヴァーロ氏が、スペイン紙『マルカ』とのインタビューで、「レアル・マドリードのセンターバック陣は素晴らしい」と述べ、古巣の守備陣を称賛した。

 まず、成長著しいフランス代表DFラファエル・ヴァランに注目したカンナヴァーロ氏は、その若さに似合わないプレーに驚かされていることを明らかにした。

「ヴァランは並外れた選手だ。ディフェンダーとしての能力は申し分ないし、ヘディングでの決定力も高い。そして、何よりも彼にはプレーする際の落ち着きがある。私は何度も彼の試合を見たが、まるでベテランのようにプレーするね。これは彼の年代の選手にとっては異例なことだ。また、私が彼を気に入っているそれ以外の理由は、どんなプレーも簡単にやってのけてしまうことだ」

 とはいえカンナヴァーロ氏は、ヴァランに対して課題も与えている。

「もっと実践的なプレーを心掛けるべき状況があることも理解しなければならない。例えば、先日のマンチェスター・ユナイテッド戦の失点場面では、もっと慎重にいくべきだった。自陣ペナルティエリア内では、いかなる時でもリスクを冒すことは許されないからだ。とはいえ、これは全ての選手が通る道であり、成長の助けとなる。彼はまだまだ若いので、こういった経験により学習し、一段と成長していくことだろう」

 一方、レアル・マドリード在籍時に共にDFラインを支えたスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについて、カンナヴァーロ氏はその実力の高さを強調した。

「セルヒオ・ラモスは現在のフットボール界で最も優れたセンターバックの1人だ。彼のことは以前から良く知っているが、今のレベルに到達するのは分かっていたよ。彼はグループのリーダーだ。勝つ事、戦う事、向上する事に対し、常にハングリー精神を持っている。そして、守備の選手に求められる厳しさ、一流選手に求められる個性の強さを兼ね備えている」

 カンナヴァーロ氏はまた、最近はヴァランにスタメンを譲るケースも増えているポルトガル代表DFペペに対してもエールを送っている。

「ペペが偉大な選手であることは、いまさら言うまでもない。最近はベンチスタートが多いようだが、ひとたびピッチに立てばポリヴァレントな能力を発揮してくれることだろう。ジョゼ・モウリーニョ監督は、彼の起用方法を熟知している」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る