FOLLOW US

バルサのGKピント、リーガでの最年長出場でクラブ記録を樹立

クラブのリーグ戦最年長出場記録を更新したピント [写真]=Getty Images

 バルセロナのスペイン人GKホセ・マヌエル・ピントが、大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの連続ゴール記録の影で、クラブ史に残る金字塔を打ち立てた。

 9日に行われたデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦、出場停止のスペイン代表GKビクトル・バルデスの代わりにゴールマウスを守ったピントは、バルセロナの選手のリーガ・エスパニョーラにおける最年長出場記録を樹立した。37歳121日での出場となったピントは、1980年から93年まで在籍した元スペイン代表DFホセ・ラモン・アレサンコ氏が持つ37歳32日のクラブ記録を更新した。

 2007-08シーズンの冬の移籍市場でセルタからバルセロナに加入したピントは、2008年4月26日にデビューを飾っており、興味深いことにその時の対戦相手もデポルティーボとなっている。

 なお、リーガの登録全選手で見ると、現在39歳のセビージャのGKアンドレス・パロップを筆頭に、サラゴサのMFホセ・マリーア・モビージャ、マジョルカのMFルイス・マルティー、レバンテのDFセルヒオ・バジェステロス、オサスナのMFフランシスコ・プニャル、デポルティーボのMFフアン・カルロス・バレロンの6名が、ピントを上回る記録を持っている。また、現在41歳のオサスナのGKリカルド・ロペスが出場を果たした場合、現役選手のトップに躍り出る。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO