2013.03.02

降格圏脱出をかけ、14位オサスナと16位のビルバオが激突

 一時は最下位にまで低迷したオサスナ、ここ5試合の戦績は3勝1分け1敗とまずまず結果を残し、7勝7分け11敗、勝ち点28の14位まで順位を上げている。しかも1敗はバルセロナ相手、引き分けはアウェーでのマジョルカ戦、さらに現在2連勝中とあり、今節にも期待が持てる。15位グラナダが勝ち点26、今節の対戦相手アスレティック・ビルバオが勝ち点26の16位、17位はサラゴサで勝ち点25と下位も迫っているだけに、一刻も早くこの残留争いから脱出したい。

 ホセ・ルイス・メンディリバル監督はこの状況を、「これは進歩だと思うし、勝ち点を取る勢いが出てきた。下位チームは降格圏脱出のため、これから激しく戦うだろう。私たちが3ポイント獲得すること、それ以外は考えないことが一番重要だ。そして次の試合のことを考える」と、前を見据えた。なお、今節はルベン・ゴンサレスが累積警告のため出場停止予定。

 一方のアスレティック・ビルバオのここ5試合の戦績は、1勝1分け3敗。2位のアトレティコ・マドリードに3-0で勝利、アウェーでのバジャドリード戦で2-2、その後、エスパニョール、マラガ、レアル・ソシエダに3連敗を喫している。現在は7勝5分け13敗の勝ち点26、16位と低迷している。

 この状況に、ホセ・アンヘル・コレス副会長がマルセロ・ビエルサ監督への不信を明らかにした。「結果がついてこなければ、誰も完全なる信頼はおけない。今までは一度も疑問視されていなかったが、誰もがビエルサ監督への信用をほとんど失った」とコメントし、ビエルサ監督にはフロントからのプレッシャーもかかる。いまだかつて一度も2部落ちしたことのない名門クラブであり、さらには昨シーズンヨーロッパリーグ決勝まで上り詰めているチームは、この状況を打破しなければならない。なお、今節はムニアインが累積警告のため出場停止予定。

【予想スタメン】
・オサスナ[4-2-3-1]
GK:13.アンドレス・フェルナンデス
DF:2.マルク・ベルトラン、4.ミゲル・フラーニョ、14.アリーバス、24.ダミアー
MF:23.ロエ、20.フランシスコ・シルバ(10.プニャル)、15オイエール、8.ショジャエイ(6.デ・ラス・クエバス)、9.アルメンテロス
FW:17.ニノ(7.キケ・ソラ)

・アスレティック・ビルバオ[4-2-3-1]
GK:1.イライソス
DF:15.イラオラ、4.ラポルト、6.サン・ホセ、3.アウルテネチェ
MF:8.イトゥラスペ(18.グルペギ)、21.アンデル・エレーラ、14.スサエタ、10.デ・マルコス、11.イバイ
FW:20.アドゥリス(9.フェルナンド・ジョレンテ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る