2013.03.02

レアルのX・アロンソ「僕達のスタイルは“ティキタカ”ではない」

レアル・マドリードの中盤を支えるX・アロンソ(左から2番目) [写真]=ムツ カワモリ

 コパ・デル・レイ準決勝で、宿敵バルセロナを倒して2シーズンぶりの決勝進出を決めたレアル・マドリード。スペイン代表MFシャビ・アロンソが、バルセロナとは大きく異なるプレースタイルについて、UEFA(欧州サッカー連盟)の機関誌とのインタビューで説明した。

「僕達のスタイルは“ティキタカ”(スペイン語で流れるようなパスワークを表す擬態語)ではない。チームが目指しているものは明確だ。そう、相手のペナルティエリアだ。多くのチャンスを作り出すことができる敵陣を深くえぐるロングパスをもって、一気に守備から攻撃に転じるというのが、僕がレアル・マドリードで実戦していることだ。一方、スペイン代表では違った形でプレーしているよ」

シャ ビ・アロンソはまた、自身のポジションが担うべき役割に関しても次のように説明している。

「僕のポジションはチームの鍵を握っている。セントラルMFがピッチから消えることなどない。全てのプレーに関与するものだ。それゆえ、試合では集中力を切らすことなく、90分間に渡り高いレベルを保たなければならない。また、戦術的なインテリジェンスも非常に重要だ。どのように試合をマネジメントするか、状況に応じて的確に判断する能力が必要となる。試合中の様々な変化に対応できなければ、チームが一気にバランスを崩す可能性があるからだ」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る