FOLLOW US

レアルのFWベンゼマが116キロのスピード違反…12カ月の懲役刑も

懲役刑に課される可能性があるベンゼマ [写真]=Getty Images

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝でのバルセロナ撃破に沸くレアル・マドリードに、今シーズン最高の盛り上がりに水を差すようなニュースが飛び込んできた。

 スペインの各メディアによると、フランス代表FWカリム・ベンゼマが、時速116kmものスピード違反により裁判所への出廷を求められたとのことだ。ベンゼマは、アウェーでグラナダに0‐1で敗れた直後の2月3日未明、マドリード州の法定最高速度100kmの環状高速道路を216kmで走行しているところを、自動速度違反取締装置により測定ならびに写真撮影されたという。

 ベンゼマはすでに、26日に裁判所への出廷を命じられたものの、同日はコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグがあったため、審議は一旦延期されたとのことだ。とはいえ、これは悪質なスピード違反に該当するため、ベンゼマは最低でも3カ月から6カ月、最悪の場合は6カ月から12カ月の懲役刑に処される可能性があるという。

 とはいえ、ベンゼマが車でトラブルを起こすのは今回が初めてではなく、2009年11月および12月には相次ぎ交通事故を起こし、2011年6月には一般道でのカーチェイスによるスピード違反で罰金を命じられている。

 そして、ベンゼマに対しては、今回もカーチェイスを行っていたという疑惑も掛けられている。事実、同選手が運転していたアウディと共に、レアル・マドリードがレンタルしたポルシェも260kmで走行していたところを自動速度違反取締装置に捉えられている。この度を越えたスピードを前に、グアルディア・シビル(治安警備隊)も、他の車の安全面を考慮して追跡による現行犯逮捕を断念したという。なお、ポルシェの運転者は特定されていないものの、選手の可能性もあるとのことだ。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA