2013.02.24

踏ん張れるかベティス、CLを戦うマラガを迎え撃つ

 ここ5試合で2分3敗と勝ち星から遠ざかっているベティス。現在11勝3分10敗の勝ち点36、第8位。6位レアル・ソシエダと7位ラージョ・バジェカーノは勝ち点37で並んでいるため、まだまだヨーロッパリーグ出場権も取れる位置にいる。

 ペペ・メル監督は本拠地セビージャからカディスまで移動して、木曜日から土曜日までミニ合宿を敢行している。何よりもこのマラガ戦へ向けて、集中力を高めるための合宿と位置付けているようだ。今節はセンターバックのブラジル人パウロンが累積警告により出場停止。さらにはスペイン人MFルベン・ペレス、同MFアルバロ・バディージョ、同MFアレハンドロ・ポスエロ、同FWルベン・カストロ、同DFハビエル・チカが負傷により出場が微妙となっている。ただ検査次第では出場可能となる。いずれにせよ、このまま下降線を描かないためにも、ここで踏ん張りたいところだ。

 一方のマラガは第19節バルセロナに敗戦を喫して以降、5試合で3勝2分と負け無し。現在12勝6分6敗の勝ち点42、第4位。5位バレンシアには勝ち点差2と追い上げられてはいるが、チャンピオンズリーグ出場圏内をキープしている。本来力のあるバレンシアとのCL出場権争いも今後、目を離せない。しかし、現在戦っている最中の今週火曜日に行われたCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでは、アウェーでポルトに0‐1で敗れている。リーガでもCLでもこの敗戦の流れは断ち切りたいところだ。

 CLポルト戦、敗戦後のマヌエル・ペジェグリーニ監督は、「シーズン中に数試合ある最悪の試合が今日の試合だ。結果的に2回戦へ進めればいい。次はホームでいつも通りの試合をする」と、気持ちを入れかえた。この敗戦を引きずらないためにも、今節はベティス相手に勝利を収めておきたい。

【予想スタメン】
・ベティス [4‐3‐3]
GK:13.アドリアン・カスティージョ
MF:2.チカ(7.アンヘル)、4.アマージャ、16.ペルキス、23.ナチョ
MF:21.カニャス、8.ルベン・ペレス(22.パボン)、10.ベニャ
FW:15.キャンベル、19.ホルヘ・モリーナ、24.ルベン・カストロ(29.ノノ)

・マラガ[4‐2‐3‐1]
GK:13.カバジェロ
DF:21.セルヒオ・サンチェス(2.ヘスース・ガメス)、5.デミチェリス(4.ルガノ)、3.ヴェリグトン、25.アントゥネス
MF:16.イトゥーラ(6.イグナシオ・カマーチョ)、8.トゥララン、7.ホアキン、10.バチスタ(19.ポルティージョ)、22.イスコ
FW:9.サビオラ(24.サンタ・クルス)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る