2013.02.23

ビッグウィークを控えたレアル、デポルティーボ戦で調整を図る

レアル・マドリードの攻撃を引っ張るC・ロナウド [写真]=ムツ カワモリ

 今週は珍しくミッドウィークに試合がなく、集中して練習に臨めたレアル・マドリード。その分、準備万端でこの土曜の試合を迎えられるとも言えるが、来週になると、火曜にバルセロナとのコパ・デル・レイ準決勝セカンドレグ、週末はリーガのクラシコ、そしてその翌週火曜にチャンピオンズリーグのベスト16マンチェスター・U戦セカンドレグと、シーズンの懸かった大一番が立て続けに訪れる。そのため今節は、それらのビッグゲームを見据えての戦いとなり、恥骨炎を患っているシャビ・アロンソ、ひざの痛みでジムでの練習が続いたベンゼマら、無理をさせたくない選手たちが温存されるのも当然だろう。

 そんな中、注目したいのはカカだ。前節ラージョ戦では、久々にキレのあるプレーを披露。当人も冬の移籍市場での試みが失敗した後、レアル・マドリードで再び往年の輝きを取り戻すべく、努力することに心を決めたようだ。また、そのラージョ戦で先制点を挙げながら、セルヒオ・ラモスの退場により、早々と交代を余儀なくされてしまったカンテラーノのFWモラタに、モウリーニョ監督がもう一度チャンスを与えるのかにも興味が持たれる。ちなみにS・ラモスはその退場により、今回は出場停止だ。

 一方、以前はレアル・マドリードにとって鬼門と言われていたリアソール・スタジアムで待ち受けるデポルティーボだが、こちらは苦境の真っ只中にある。昨シーズンにチームを1部に再昇格させたオルトラ監督から、昨年末にバトンを引き継いだドミンゴス・パシエンシア監督が6試合でたった1勝と結果を出せず、前節からフェルナンド・バスケス監督に交代。その新監督の初陣もセビージャに1-3で負けと、まだ最下位脱出に繋がっていないというのも心配だ。クラブは先日、経営悪化を理由に会社更生法的処置を申請し、もしこのまま2部降格すると、存続そのものが危うくなるという最悪の状況だ。

 それだけに選手の士気も気になるところだが、この試合では現在、リーガ最高の失点数を記録している守備陣にも不安がある。DFゼ・カストロが筋肉痛で今週の練習をお休み。出場できるか微妙である上、もう1人のCBマルチェナにしても、すでに往年のスピードはないため、カウンターを得意としているレアル・マドリードに対してはかなり苦戦しそうだ。勝機があるとすれば、今シーズン12試合中5勝しかしていないアウェー戦での相手の注意力散漫を利用、彼らの弱点でもあるセットプレーから得点を狙っていくといった形だろうか。

【予想スタメン】
・デポルティーボ[4-4-2]
GK:1.アランスビア
DF:19.シルヴィオ、24.マルチェナ、5.ゼ・カストロ、17.アヨセ
MF:10.フアン・ドミンゲス、14.アベル・アギラール、16.ブルーノ・ガマ、21.バレロン
FW:11.リキ、9.ピッツィ

・レアル・マドリード[4-4-2]
GK:25.ディエゴ・ロペス
DF:17.アルベロア、3.ペペ、18.アルビオル、12.マルセロ
MF:15.エッシェン、19.モドリッチ、21.カジェホン、8.カカ
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、20.イグアイン

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る