2013.02.20

肝臓移植から約1年…バルサDFアビダルが週末に戦列復帰の可能性

肝臓移植手術のため、昨年3月から欠場していたアビダルの復帰が間近となった

 バルセロナのフランス代表DFエリック・アビダルが、23日に行われるリーガ・エスパニョーラ第25節のセビージャ戦で復帰できる可能性があると、スペイン紙『スポルト』が報じている。

 アビダルは、2012年3月に肝臓の移植手術を受けるため、戦線を離脱。4月に行った手術は成功し、半年後の10月にはボールを使ったトレーニングを再開した。その後も厳しいトレーニングを積んでいたが、ホームで行われるセビージャ戦で、登録メンバーに選ばれる可能性があると、同紙は伝えている。

 アビダルは2007年夏にリヨンからバルセロナに加入。左サイドバックやセンターバックとしてプレーし、順調にキャリアを重ねていたが、2011年3月、肝臓に腫瘍があることが発見され、摘出手術を行った。同月下旬に退院すると、わずか1カ月半後の5月3日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグのレアル・マドリード戦で復帰。2011-12シーズンもレギュラーとしてプレーしたが、肝臓移植手術のため2012年3月に戦線を離脱した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る