FOLLOW US

先制点を挙げたレアルの20歳のモラタ「先発と聞いて嬉しかった」

 リーガ・エスパニョーラ第24節が17日に行われ、レアル・マドリードはラージョ・バジェカーノが対戦し2−0で勝利した。

 開始3分に先制点を挙げた、レアル・マドリードに所属する20歳のスペイン人FWアルバロ・モラタは、ここまで7試合出場し、ラージョ・バジェカーノ戦が初の先発出場だった。そして、この先制点がホームスタジアムでの初ゴールだった。モラタはリーガ・エスパニョーラ第11節の2−1で勝利した、アウェーのレバンテ戦以来の得点で、リーグ2得点を記録。クラブ公式HPがモラタのコメントを紹介している。

「レアル・マドリードに所属して、こういう試合でプレーできたのは光栄だ。僕はまだ成長の途中だ。先発すると監督から聞いてすごく嬉しかった。そして、(クラブの本拠地)サンチャゴ・ ベルナベウで初ゴールを決められたなんて信じられない。こういうチャンスが回ってきて、チームも勝利して満足している」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA