2013.02.17

CLマンU戦直後のレアル、リーガでも高パフォーマンス維持なるか

好調を維持するC・ロナウドは得点なるか [写真]=ムツ カワモリ

 今週はチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグをホームで迎えたマンチェスター・U戦を1-1で引き分けたレアル・マドリード。次の大きな試合は2月26日に行われるコパ・デル・レイ準決勝、そして3月2日のリーガ・エスパニョーラ第26節と続くバルセロナとの連続クラシコ、さらに3月5日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグとなり、それまでのリーガ2試合が月末に向けて、選手たちのパフォーマンス維持といった色合いが濃くなることも予想される。

 前節セビージャ戦ではイグアインが退場、アルベロアとモドリッチは5枚目のイエローカードをもらい、今節は出場停止。また、先週のスペイン代表戦に恥骨炎で参加できなかったシャビ・アロンソはユナイテッド戦中に痛みを再発させて途中交代と、こちらも休養をもらう可能性が高い。

 とはいえ、セビージャ戦でハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウドは古巣相手にもゴールを決め、今年に入ってからずっと絶好調。調子の波を落としても困るので、今節も出場する考えられる。首位バルセロナとの勝ち点差は16と開いたままであるが、ここにきて2位のアトレティコ・マドリードとは4ポイント差に急接近中。まずは2位を目指すことが、ファンのためにもチームのためにもなるはずだ。

 一方、対戦相手のラージョでは、そのユナイテッド戦が行われた水曜日にサンチャゴ・ベルナベウのスタンドでレアル・マドリードの白い旗を振っている姿が目撃されたパコ・ヘメス監督が、試合当日はベンチに入ることができない。逆に選手たちには出場停止処分者がおらず、前節アトレティコ・マドリード戦を欠場したティトも戻ってくるのは心強いだろう。なお、先週は相手をホームに迎え、ラス・バングラとレオのゴールで2-1と、シーズン後半戦ダービー第1弾に快勝したラージョだが、今回はアウェーでの対戦。同じマドリード市内のため当日は4000人程のサポーターが駆けつけると思われるが、全節返り咲いた来シーズンのヨーロッパリーグ出場圏の6位をキープすることは、レアル・ソシエダ、ベティスが僅差で続いているだけに、かなりの難行になりそうだ。

【予想スタメン】
・レアル・マドリード[4-2-3-1]
GK:25.ディエゴ・ロペス
DF:4.セルヒオ・ラモス、3.ペペ、18.アルビオル、5.コエントラン
MF:21.カジェホン、15.エッシェン、6.ケディラ、10.エジル
FW:7.クリスティアーノ・ロナウド、9.ベンゼマ(29.モラタ)

・ラージョ・バジェカーノ[4-2-3-1]
GK:1.ルベン・マルティネス
DF:2.ティト、5.ガルベス、16.アマット、3.カサード
MF:18.ハビ・フエゴ、17.トラズオーラス、10.ピティ、9.ホセ・カルロス
FW:29.レオ、11.アレハンドロ・ドミンゲス

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る