2013.02.17

バレンシアは上位進出への正念場…マジョルカは新監督の初勝利狙う

 前節セルタを1-0で下し、今シーズン最高の順位となる5位に浮上したバレンシア。シーズン前半を通して不調に苦しんできたものの、これでチャンピオンズリーグ出場権の4位まで勝ち点2に迫った。

 パリSGとのハードな一戦の直後に迎える今節は心身共に切り替えが難しい試合となるが、マラガ、ベティス、レバンテといった上位陣に取りこぼしが相次いでいる今は上位進出のチャンス。降格圏に沈むマジョルカを迎える今節は確実に勝点3を手にしたいところだ。

 今節はそのパリSG戦で手首と足の付け根を痛めたFWソルダードの状態が万全ではないため、セルタ戦で終了間際の登場直後に決勝ヘッドを決めたFWアエド・バルデスが1トップを務める可能性が高い。またMFアルベルダが出場停止の中盤ではセルタ戦、パリSG戦と2試合連続で出番がなかったMFピアッティ、DFビクトル・ルイスらの奮起に期待したい。

 対するマジョルカはグレゴリオ・マンサーノ新監督の初陣となった前節、残留争いのライバルであるオサスナと1-1のドローに終わった。奇しくも9月23日のバレンシア戦で勝利して以降、これでホームでは8戦未勝利が続いている。

 今節は守備の要であるDFジェロメウが練習中に足首を痛めて欠場が濃厚となったのが痛いが、堅守速攻スタイルが染みついているチームにとってポゼッションスタイルのバレンシアは相性が良い。連携面で細かな動きを修正している新指揮官の下、カウンターの精度を高めることができれば前回対戦に続く番狂わせを起こす可能性は十分にあるだろう。

【予想スタメン】
・バレンシア [4-2-3-1]
GK:1.ジエゴ・アウヴェス
DF:14.バラガン、4.ラミ、20.リカルド・コスタ、3.シソコ(17.グアルダード)
MF:18.ビクトル・ルイス、24.ティノ・コスタ(21.パレホ)、8.フェグリ(28.ベルナット)、10.バネガ(23.カナーレス)、11.ピアッティ(7.ジョナス)
FW:16.アエド・バルデス(9.ソルダード)

・マジョルカ [4-4-2]
GK:13.アワテ
DF:2.ハットン、14.ジェロメウ(4.コンセイソン)、16.ヌネス、20.ルナ
MF:8.ヌスエ、5.ピナ、11.ハビ・マルケス、7.ペレイラ
FW:9.ジオバニ・ドス・サントス、18.ビクトル

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る