2013.02.16

マラガ監督はローマからのオファーを拒否、チェルシーからの接触も

 マラガのマヌエル・ペジェグリーニ監督の代理人を務めるヘスス・マルティネス氏が、同監督の母国であるチリ紙『El Mercurio』のインタビューに応え、ローマからの正式なオファーがあったことを認めた。

 マルティネス氏は、「マヌエルはマラガとの契約がある。4月か5月あたりに彼の将来について状況をクリアにするつもりだ。我々はもちろん契約を尊重するが、条件次第だ。ローマから正式なオファーがあったが、私たちは拒否した。15日以内の話しだが、シーズンの途中だったから断った」と、ズデネク・ゼーマン監督を解任したローマからのアプローチがあったことを明かした。

 来シーズン以降については、「チェルシーや他のクラブから接触があったが、代理人を介してのものばかりだった。正式なものはない。マヌエルはイングランドのプレミアリーグで監督をしたいと望んでいる。ドイツやイタリア、その他重要なリーグとともにね。来シーズンまで、検討する時間は十分にある」と、イングランドでの監督業を最優先に検討しているとコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る