2013.02.16

CL控えるマラガ、立て直し狙うビエルサ率いるビルバオを迎える

 少し停滞していたマラガであったが、ここ3試合で2勝1分けと盛り返し、現在は11勝6分6敗の勝ち点39の4位。3位レアル・マドリードとの勝ち点差は7。5位バレンシア、6位ラージョ・バジェカーノは勝ち点で並び、その差は2と、上位争いは後半戦へ向けて激しさを増す様相。今節の相手、いまひとつ調子の上がらないアスレティック・ビルバオをホームで退け、勝ち点3を確実にものにしたい。

 前々節のサラゴサ戦で16カ月ぶりの復帰を果たしたMFバチスタは、前節のレバンテ戦ではスタメン復帰も果たし、後半戦へ向けてチームのけん引に期待がかかる。そのバチスタは、「今後の戦いの中で上位争いの直接のライバルとなるチームには絶対に負けられない。どのチームも4位の座を争い戦っているから、強くあり、耐えなければならない」と、気を引き締めた。2月19日にはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われるため、マヌエル・ペジェグリーニ監督が今節、どんなメンバーを組んでくるか、注目が集まる。

 一方のアスレティック・ビルバオのここ3試合の成績は1勝1分1敗、強敵アトレティコ・マドリードに3-0と快勝、続くアウェーでのバジャドリード戦で2-2とここまでは良かったが、前節ホームでエスパニョールに0-4と大敗を喫した。現在は7勝5分11敗の勝ち点26、15位と下位から抜け出せないでいる。

 マルセロ・ビエルサ監督は下部組織に目を向けているようで、「彼らは有望だし、今いる選手よりよければ、使っていく」と意向を示した。エスパニョール戦の敗戦を受けて、名指しでラマーリョ、イゴール・マルティネス、イバイ、ラポルトはやる気がないと吐き捨てたいう話や、フェルナンド・ジョレンテの来シーズンからのユヴェントス行きなど、内部が空中分解を起こしているような状況に見えるが、いまだかつてない2部に降格するわけにはいかない。なお、ムニアインが右ひざ内側じん帯の損傷により今節は欠場見込み。

【予想スタメン】
・マラガ[4-2-3-1]
GK:13.カバジェロ
DF:2.ヘスース・ガメス、5.デミチェリス、3.ヴェリグトン、25.アントゥネス(21.セルヒオ・サンチェス)
MF:16.イトゥーラ(6.イグナシオ・カマーチョ)、8.トゥララン、10.バチスタ(19.ポルティージョ)、7.ホアキン、22.イスコ
FW:9.サビオラ(24.サンタ・クルス)

・アスレティック・ビルバオ[4-3-3]
GK:1.イライソス
DF:15.イラオラ、4.ラポルト、6.サン・ホセ、3.アウルテネチェ
MF:10.デ・マルコス、8.イトゥラスペ(18.グルペギ)、21.アンデル・エレーラ、
FW:14.スサエタ、20.アドゥリス(9.フェルナンド・ジョレンテ)、11.イバイ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る