2013.02.01

ジダンの息子が出場9分で退場…英紙は「父親の気性を継承」と報道

 元フランス代表MFのジネディーヌ・ジダン氏の息子であるエンツォ・ジダンが、試合出場9分で退場処分となったことを各国メディアが報じ、話題となっている。

 現在17歳のエンツォは、父親がプレーしていたレアル・マドリードの下部組織に所属して、カタールで開催中の国際大会に参加。背番号「10」を着け、1月28日にはカタールのアスパイア・インターナショナル戦に1点ビハインドの後半開始から出場した。

 しかし、投入から9分後の54分にトラップが流れてボールが奪われそうになった際に、スライディングタックルを敢行。そのまま相手選手ともつれ、再度蹴りつけようとしたことで一発退場処分を受けた。なお、試合はエンツォが退場したレアル・マドリードが、3-2と逆転勝利を飾った。

 イギリス紙『ガーディアン』では、エンツォの退場を受けて、「父親の有名な気性の一部を継承していることを証明した」と報道。2006年のドイツ・ワールドカップ決勝で頭突きをして退場した父親を引き合いに出して伝えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る