2013.01.29

ベティスのルベン・カストロ、代表初招集の期待に「機は熟した」

スペイン代表入りが期待されるルベン・カストロ [写真]=ムツ カワモリ

 現在、2014年ワールドカップのヨーロッパ予選で、3試合を終えて得失点差により首位につけているスペイン代表は、3月22日に行われるフィンランド代表との一戦、その4日後の26日に行われるフランス代表との首位攻防戦に向けたテストマッチとして、来月6日にウルグアイ代表との国際親善試合に臨む。

 同試合に向けたメンバーは来月1日に発表されるが、ビセンテ・デル・ボスケ監督は、「ウルグアイ戦では、代表レベルにある者には誰に対しても扉を閉ざすことなく、安定感のある選手を数多く揃えておかねばならない。なぜなら3月には極めて厳しいスケジュールが待っているからだ」と述べるなど、まだ代表経験の無い選手を招集する可能性を示唆している。

 その中でも、バルセロナのFWダビド・ビジャ、チェルシーのFWフェルナンド・トーレス、アスレティック・ビルバオのFWフェルナンド・ジョレンテといった代表の常連組がクラブでインパクトを残せていない前線では、新戦力の台頭がとりわけ期待されている。

 そのうちの1人として注目されているのが、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでここまで12ゴールを挙げ、ビルバオのFWアリツ・アドゥリスと共にスペイン人得点王に立っているベティスのFWルベン・カストロだ。6月には32歳を迎えるなど、ベテランになって得点力に磨きが掛かったストライカーは、初の代表入りに強い意欲を示した。

「代表入りを推してくれる人々には感謝の気持ちで一杯だ。その期待に応えられるよう、ベティスでしっかりと結果を残していきたい。初招集は早ければ早いほどいいね。2月には親善試合があるので、そこで呼ばれることを願っている。個人的には機は熟したと思っているよ」

[写真]=ムツ カワモリ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る